メガネ・サングラスの下取りプログラムを開始

無断転載禁止 メガネ・サングラスの下取りプログラムを開始
不要なメガネ・サングラス1本につき、メガネギフト券¥1,000と交換、
回収したメガネは、発展途上国のメガネを必要とする人々へ。


メガネチェーン店「メガネストアー」を運営している株式会社アイ・トピア(所在地:東京都町田市 代表取締役社長 加藤公一)は、7月10日(火)から、不要となったメガネ・サングラスの下取りプログラムを開始いたします。
回収したメガネ・サングラス1本につき、メガネストアー全店舗(212店舗)でご利用出来る「メガネギフト券¥1,000」をお渡しします。また、お客様から提供いただいた大切なメガネは、ライオンズクラブ眼鏡リサイクルセンターを通じ、必要な手入れ・分別をした上、発展途上国などのメガネが必要な人々へ贈られます。
『メガネを託してくださる人たちの思いも一緒にリサイクルの輪に乗せ、多くの人の幸せにつなげたい』という思いを持ち、本プログラムを積極的に推進していきます。

本プログラムでは、破損したメガネ・おもちゃのメガネを除くすべてのレンズ付きメガネ・サングラスを幅広く対象としています。 メガネストアーでは今後も、メガネを通じた社会貢献に積極的に取り組んでまいります。