難聴の種類

「きこえ」とは

無断転載禁止 難聴の種類
 

伝音性難聴と感音性難聴について

  02_難聴の種類


『伝音性難聴』とは?


中耳炎や鼓膜の損傷などが主な原因、大部分は医学的治療で聴力を回復させることができ、難聴が残っても補聴器の使用で言葉を聞きとりやすくなる場合が多いです。


『感音性難聴』とは?


蝸牛から脳中枢にかけての病変、または衰退による難聴。一般的には医学的な治癒は難しく、補聴器に慣れるのに多少の訓練が必要です。加齢による難聴の大半が感音性難聴に含まれます。

   
   

ちょっと難しいのでもう少し説明しますね。

   
  03_難聴の種類  
   

このように、感音性難聴になると聞き間違いが多くなります。