調光レンズとは?1本2役の便利なレンズ

調光レンズとは、紫外線の量や気温に応じて色が変化するレンズです。調光レンズは特定の利用シーンにおいて、非常に便利なアイテムです。室内ではクリアレンズに、屋外ではサングラスに、と一本二役の便利な調光レンズについて、仕組みや特徴を詳しく紹介します。

調光レンズの仕組みや特徴

サングラスなどを利用される人であれば、「調光レンズ」という言葉を聞いたことがある人も多いかと思います。まずは、調光レンズの仕組みや特徴について、分かりやすく説明します。

調光レンズとは?

調光レンズとは、紫外線が当たると色が変わるレンズのことです。屋外に出て紫外線が当たるとレンズが発色してサングラスになり、屋内などの紫外線が当たらない場所ではクリアレンズに戻ることで明るい視界を確保します。
調光レンズはサングラスなどによく用いられるレンズですが、一般的なメガネにも使用されており、スポーツやアウトドアを楽しまれる方に愛用者が多いです。

調光レンズと偏光レンズは何が違うの?

調光レンズと名前が似ているレンズとして、「偏光レンズ」があります。偏光レンズもサングラスによく使われているレンズですが、「調光レンズと偏光レンズはどう違うのか分からない」という人も多いと思います。偏光レンズとは、光の乱反射をカットする機能を備えたレンズで、視界の眩しさを抑えられる特性があります。直射光以外にも反射光をカットできる点が特徴で、水面や地面からの照り返しなども抑えられます。

調光レンズと偏光レンズの違いについては、詳しくはこちらのコラムをぜひご参考ください。

調光レンズをおすすめしたい人

次に、調光レンズは実際にどのような人におすすめなのか紹介していきます。

メガネとサングラスを一本で兼用したい人

調光レンズは屋外、屋内でレンズの色が変わるため、クリアカラーのメガネとサングラスをかけ直す必要がありません。したがって、すでにメガネを持っておりサングラスの購入を検討されている人には、一本でメガネとサングラスの機能を兼ねた調光グラスがおすすめです。ぜひ検討してみてください。

サイクリングなどで自転車に長時間乗る人

調光レンズは紫外線の量と気温に応じてレンズの色が変化しますので、気候の変化に合わせてサングラスを変更したりする必要がありません。そのため、自転車に長時間乗るという人には調光レンズは特におすすめです。
昨今の新型コロナウイルスの影響で、これまでの電車通勤から自転車通勤に変えた人もいるかと思いますので、このような方にもぴったりです。

アウトドアレジャーや旅行を計画している人

前述のように、調光レンズであればメガネとサングラスの機能を一本でまかなうことができますので、アウトドアレジャーや旅行の際にも、荷物が増えないので大変便利です。
また、レンズがプラスチック製であれば万が一落としても割れにくい点や、UVカット効果で目にもやさしい点もメリットといえるでしょう。

調光レンズ使用時の注意点

ここまで紹介したように調光レンズはとても便利なレンズですが、使用する際は色が変わる条件などの特性をしっかりと把握しましょう。

レンズの濃さが変わる条件

調光レンズは紫外線に反応してレンズの濃さが変わるレンズです。紫外線は多いほどレンズは濃くなります。屋外に出ても紫外線が当たらないとレンズの色が濃くならないので、帽子や日傘をさしている場合は色が変化しません。

また、色の変化は温度の影響も受けます。温度については低いほどレンズは濃くなります
「真夏の暑い日ほど濃いカラーになる」というイメージがあるかもしれませんが、実際は暑くて紫外線が多い環境(真夏のビーチなど)よりも、寒くて紫外線が多い環境(冬のスキー場など)の方がより濃い色に変化します。

夏季にもある程度の濃さにはなりますが、しっかりと眩しさを防ぎたい場合はもう1本別のサングラスを用意することをおすすめします。

車の運転には「可視光線でも色が変わる」調光レンズを

最近の車のフロントガラスには、紫外線カットの機能が備わっているのが一般的です。そのため、車を運転する人が調光レンズを着用しても紫外線が届かないため色が変化せず、薄い色や透明な状態になります。

昼間は外部から日の光がそのまま入ってくるため、非常に眩しい状態のままで運転することになってしまいます。
短い時間であればなんとかなるかもしれませんが、長時間運転する場合には、調光レンズは不適切といえるでしょう。

しかし、可視光線で色が変わるタイプの調光レンズであれば運転にも適したレンズになります。
このレンズは紫外線を含まない光にも反応して色が変わります。
紫外線カットがついたフロントガラス越しの光にも反応するので車内でも程よい濃さになり、運転時の眩しさを軽減することが出来ます。
一般的な調光レンズでは車内で色が変わりませんので、購入する際は店員さんに確認しましょう。

調光レンズには寿命がある

調光レンズには寿命があり、長期間使い続けると色が変化しなくなります。
一般的に、3年~4年程度が調光レンズの寿命と言われていますので、「色があまり変化しなくなった」と感じたときが買い替えのタイミングです。

光の乱反射を抑えるには「偏光レンズ」

前述のとおり、調光レンズと似た名前の「偏光レンズ」というレンズがあります。

釣りをするときの水面の反射光など、光の乱反射を抑えたい場合は、偏光レンズのサングラスがおすすめです。下記コラムでは偏光レンズについて詳しく解説していますので、併せてご覧ください。

調光レンズの変化を実際に感じてみよう!

今回は、調光レンズの特徴や仕組みなどについて紹介しました。調光レンズは利用シーンによって、非常に便利なアイテムだということが分かっていただけたかと思います。

実際にどの程度色が変化するかについては、メガネ店で試着させてもらい確かめてみることをおすすめします。

もちろん、メガネストアーでも調光レンズを取り扱っております。調光レンズの体験ツールもございますので、アウトドアレジャーが盛んになる季節に向けて、ぜひ色の変化をお試しにご来店ください。